一関温泉郷

各温泉の詳しい情報はこちら

須川温泉 須川高原温泉

栗駒山の北麓、標高1,126mにあり、毎分6,000Lも湧出する湯量たっぷりの温泉。江戸時代からみちのくの名湯として親しまれている。泉質は日本でもまれな強酸性のみょうばん緑ばん泉で、古くから湯治客が多い。雄大な自然の中の大露天風呂、名物のおいらん風呂(蒸し風呂)もおすすめ。湯治の場合は自炊棟をご利用ください。

〒021-0101 岩手県一関市厳美町祭畤山国有林
TEL.0191-23-9337
冬期休業(11月〜5月上旬)
一関ICから約42km(車で約57分)
一ノ関駅から約46km(車で約68分)

須川高原温泉の公式サイトはこちら

祭畤温泉 かみくら 別邸 游山の庄

神々が降臨するという伝説が残る祭畤山の麓。大自然のなかの一軒宿で、大木をふんだんに使い、穏やかなひとときが味わえる。傷や痛みを癒し、霊験あらたかとされてきた湯は、“祭りの湯”として今に伝えられている。懐かしい佇まいの囲炉裏の間、洒落たバー、山の幸が堪能できるお食事処も人気。

〒021-0101 岩手県一関市厳美町字祭畤32
TEL.0191-39-2877 FAX.0191-39-2364
一関ICから約25km(車で約31分)
一ノ関駅から約29km(車で約41分)

かみくらの公式サイトはこちら

山王山温泉 瑞泉郷

矢びつダムから約2km下流にある山王山温泉は、昔、慈覚大師が居住したと言われる山王山が雄大な奇観を添える。大浴場の“瑞泉の湯”をはじめ、岩を配した露天風呂は、瑞山の自然に溶け込み、四季折々風情を感じさせる。和風の客室は木の香りであふれ、新緑、紅葉の風景もいい。

〒021-0101 岩手県一関市厳美町字下り松65-2
TEL.0191-39-2031 FAX.0191-39-2106
一関ICから約17km(車で約20分)
一ノ関駅から約21km(車で約30分)

瑞泉郷の公式サイトはこちら

厳美渓温泉 いつくし園

一関を代表する観光地・厳美渓。“いつくしの滝”と呼ばれ、その昔は平泉と京都を結ぶ道筋にあった。芝生と竹林に囲まれた閑静な宿は、日本の伝統美を基調とした民芸風建築。しっとりとした雰囲気で、豊かなくつろぎを与えてくれる。大浴場の広い湯船と檜造りの露天風呂からは磐井川の清らかなせせらぎを望むことができる。

〒021-0101 岩手県一関市厳美町字南滝ノ上15
TEL.0191-29-2101 FAX.0191-29-2125
一ノ関駅から約10km(車で約21分)
一関ICから約6km(車で約11分)

いつくし園の公式サイトはこちら

厳美渓温泉 渓泉閣(休業中)

清冽な流れが長い歳月をかけて見事なまでの渓谷美を造り出した厳美渓。古都平泉や厳美渓を心ゆくまで堪能したら、のんびりと“渓泉の湯”に。渓畔の松林の中に、季節を映し出す庭園が、落ち着きのあるたたずまいを見せ、四季の渓谷美がどの部屋からも眺められる。渓谷をわたる風が涼しい風雅な湯宿だ。

現在休業中
〒021-0101 岩手県一関市厳美町字南滝ノ上3-1 
TEL.0191-29-2311 FAX.0191-29-2314
一関ICから約5km(車で約9分)
一ノ関駅から約9km(車で約19分)

渓泉閣の公式サイトはこちら

宝竜温泉 かんぽの宿一関

一関ICから西へ、栗駒山へと続く国道342号沿いの高台、その昔、竜が昇天し、慈雨を降らせたという宝竜の地に建つ、かんぽの宿一関は眺めも抜群。広々とした温泉も気持ち良く、平泉周辺に残る奥州藤原氏の遺跡や厳美渓などを散策した後、ゆっくり疲れを癒すのも楽しみ。

〒021-0101 岩手県一関市厳美町字宝竜147-5
TEL.0191-29-2131 FAX.0191-29-2132
一関ICから約4km(車で約7分)
一ノ関駅から約8km(車で約17分)

かんぽの宿一関の公式サイトはこちら